イライラする、肌荒れ、食欲がない、疲れやすい時にはプラセンタ注射

プラセンタは、胎盤から抽出した有効成分で、新陳代謝を促進し、ホルモンバランスを整えたり、自律神経を正常に戻したりする効果があります。

当クリニックではサプリメントも取り扱っております。
なかなか通院できない方、効果をより高めたい方はぜひご利用ください。

こんな症状でお悩みの方にプラセンタ注射をおすすめします

プラセンタ注射が適応される症状や病気

  • 疲れやすい・息切れする
  • 表情があまり変わらない
  • ぼんやりすることが多い
  • 食欲がない
  • 少量のアルコールで二日酔いになる
  • ついイライラして怒る
  • 季節の変わり目に必ず風邪を引く
  • 肌荒れ、しみ、そばかすが気になる
  • 寝つきが悪い、熟睡できない

プラセンタ注射ってどんなもの?

プラセンタは三大栄養素であるたんぱく質・脂質・糖質に加え、酵素やビタミン、ミネラル、アミノ酸が結合した活性ペプチドが含まれています。

プラセンタは赤ちゃんとお母さんをつなぐ胎盤から抽出された成分で、生命を誕生させるために必要な栄養素が豊富に含まれています。
体内に直接取り入れることにより、全身の細胞が活性化され、若返りの効果が期待できます。


もともとは子宮内膜症や肝炎の治療に使われていたものを、プラセンタ注射を受けた方から「シミが薄く なった」「肌の状態が良くなった」「疲れにくくなった」という声が多く寄せられ、美容の目的としても使われるようになりました。

プラセンタ注射は、肌状態の改善(シミ、シワ、ニキビなど)をはじめ、アトピー性皮膚炎やアレルギー体質の改善、肝炎の改善や肝機能強化、疲労回復、睡眠の改善、うつ病に効果があります。その他、肩関節、膝関節の機能改善や脊椎管狭窄症への効果も報告されています。

プラセンタとは哺乳類の胎盤のことで、妊娠中の胎児を包む膜(羊膜)と子宮とを結ぶ所に位置する円盤状の臓器のことです。
胎盤(プラセンタ)から抽出されたエキスの有効成分を注射、内服などにより治療に用いる療法の総称をプラセンタ療法と言います。

プラセンタの歴史は古く中国では始皇帝が不老長寿の妙薬として用いた言われています。
日本では1950年頃、稗田憲太郎博士による胎盤組織を用いた治療法が普及しました。その後、肝硬変の薬として1959年に厚生省の許可を受け、以後肝機能障害の患者さんを中心に使用されてきた歴史の長い注射薬です。その成分は必須アミノ酸、ビタミン、ミネラルのほかに、さまざまな成長因子が存在します。豊富な栄養成分と薬理作用により細胞の活性化や免疫力の強化、炎症を抑える、血行を良くすることなどが確認されています。

プラセンタ療法の流れ

予約は必要ありませんので、直接ご来院下さい。
初回のみ医師の診察を受けて頂きます。
治療可能と診断されると、患者様に合わせて注射療法が始まります。

投与時間

プラセンタ注射・・・・・・10分程度

投与量・周期

2~5アンプルを週1~2回の間隔で、皮下に注射します。

料金について

プラセンタ注射の場合

料金表はこちら

※検査を行った場合、別途料金がかかります。

クレジットカードでお支払いいただけます