早期治療のメリット

メディカルブランチ表参道のドクター 古田一徳が『早期治療のメリット』について話しました。

私は、長らく大学病院で、多くはがんになられた方、いわゆる病気が発症してからの方たちに手術をさせて頂きましたが、そういう方たちを診てきて感じる早期治療のメリットは、やはり病気になりかけた時、あるいはなっても早期に治療をすることで治療効果は非常に出てますし、お元気になるのも非常に早いです。

やはり悪い病気、がんでもそうですが、進行してからの治療っていうのは、非常に本人の負担も大きくなりますし、体力的にも治療の期間も長くなる傾向にありますので、そういう意味では早く分かった方が、当然いいはずです。

そして早く治療した方が快復あるいは治りやすい。そういう意味では早期治療というのは非常に大事な事だと私は考えています。