【アレルギーを知ろう】第8回:食物アレルギーという認識を高めましょう

2793555d0f79b3904276bc80964134ff_s
大半の人と医師の多くが、
いまだに体調不良や健康の衰えが食物に起因していると考えていないことは
大きな懸念
です。
病気の原因を知らない限り、身体の苦しみは続きます。

食物アレルギーの発生率は広く争点となっています。
10年程前、アメリカの人口の10%は
免疫変調の食物過敏の影響を受けていると推定されていました。
そして食物アレルゲンの数は増え続けています。
この増加に伴って臨床的適応はさらに複雑な症状に進化しています。

いずれの食物アレルギーの症状も非常に多様で多次元的です。
人は皆それぞれであり、同じ食物アレルギーでも現れる症状が
大きく異なることがあります。

いろんな症状が食物アレルギーからきている可能性があるという認識を
高めることは必要
です。

ただし、他の病気が原因である可能性もあるということを
心に留めておくことは重要です。

この検査の存在をしって、原因をつきとめ、体調が回復することができることを、
祈っております。