【アレルギーを知ろう】第4回:アレルギーには2型あります(即発型、IgE抗体)

f2a541850ef8b7221a78142af8adc82a_s
アレルギー反応には、2型あります。
即発型であるIgE抗体か遅発型であるIgG抗体です。
まずは即発型であるIgE抗体を詳しく知りましょう。

このタイプのアレルギー反応は、
IgE抗体というものの介在によるものであり、
通常はアレルゲンとの接触後ただちに発症します。

特定のアレルゲンに反応した高レベルのIgE抗体により
重篤なアレルギー反応が引き起こされます。

このタイプの反応としては、みなさんがよく経験する、
喉の腫れ(呼吸困難)、じんましん、膨満感、
胃痛・腹痛、喘息、突発性の下痢等が挙げられます。

IgE反応は、食物または吸入による
アレルゲンへの暴露の直後
に起こります。

通常、アレルゲンへの暴露から15分以内に初期相反応が現れます。

即発型ですのでアレルギー反応だということがすぐわかります。

その後、後期相反応が4-6時間後に現れ、
浮腫や炎症が何日にもわたって続くことがあります。