【アレルギーを知ろう】第2回:アレルギーの原因は何かわかりますか?

61e76f6140d736a1dccce98582b2b4f0_s
アレルギーの原因は何かわかりますか?
牛乳、小麦、トウモロコシ、大豆、柑橘類、トマト、ピーナッツ等、
一般的な食物に対するアレルギー反応は、
ウイルス感染や反復性の風邪と間違えられることがあります。

よく知られているアレルギー症状(疲労、頭痛、不安、鼻水や鼻の痒み、目の腫れ)と、
その原因となるアレルギーとの関係に何年もの間気づかないことも多々あります。


ストレスの増加、反復性の感染、健康の衰えによって、
慢性アレルギーが更にひどくなることもあります。

原因となるアレルゲンを見つけ出し、
食生活から取り除くことをしなければ、
年月を経ることによって、
関節炎、胃腸病、自己免疫疾患、湿疹、片頭痛等といった、
食物アレルギーに関連する深刻な症状が、慢性化する恐れ
があります。

偏った食生活や不適切な食生活、ストレス、遺伝性素因、
感染と炎症、化学物質、薬物、環境汚染物質と毒素等は、
すべてアレルギー発生の要因となる可能性があります。

ほとんどの人は、喘鳴(ぜんめい)、鼻水、過敏性腸症候群、
片頭痛、湿疹等の不愉快で活力を失わせるようなアレルギー症状は知っています。

現在はアメリカの人口の25%は、何らかの食物、化学物質、吸入抗原等に対して、
顕著なアレルギー反応を持っています。

一時的な不安感や関節痛、全身疲労、水むくみといった、
あまり顕著でない症状を含めた場合には、
本当のアレルギー発生率や不耐性は更に高くなると考えられます。