放射線によるDNA損傷を予防する方法

001
放射線は、震災後の放射能事故によりみなさん関心が高まり、
誰もが気になる事柄の一つとなっています。

この放射線ですが、人体に浴びることにより、
遺伝子のDNAという物質に傷がつくことはよく知られています。

このDNA損傷ですが、予防をすることも可能です。
ビタミンC,プラセンタ、血液クレンジング、これらの手法を
当クリニックでは、扱っております。

突然変異の試験(エイムス試験)で有名な、
カリフォルニア大学バークレー校のブルース・エイムス教授は、
亜鉛、鉄、ビタミンC、E、B6、B12、カロチンなどが不足すると、
遺伝子DNAが切断され放射線をあびたことと同じような状況になると言っています。

つまり、ミネラル不足は非常に危険なことがわかりますね。