医療用麻薬『モルヒネ』の語源って知ってます?

幼児期の食事にヨウ素不足は
ヨウ素は甲状腺ホルモンの重要な構成成分です。

遺伝的また幼児期の食事にヨウ素不足が続くと、
先天性甲状腺機能低下(クレチン病)になり、発育不全や知能低下を生じます。

クレチンという名は、
ギリシャのクレタ島に由来します。

その昔、ヨウ素不足が、
クレタ島の子供たちに頻繁に起こっていたことから来ているようです。

また、語源といえば、
痛みを鎮め、夢心地にする『モルヒネ』の語源をご存知ですか?

エルミタージュ美術館展にあるピエールナルシス・ゲランの
『モルフェスとイリス』という作品でも見ることができます。

実はこれ、ギリシャ神話に登場する、
夢の神『モルペウス・モルフィス』の名に因んでいるようです。

病気の名前や薬の名前には、
意外にもさまざまな歴史があるのです。