ビールにおける『糖質ゼロ』表示の罠

04
ここ最近、飲料水の自動販売機で、また、ビールで
『カロリーゼロ』という表示をよく目にします。

ビールで糖質ゼロと謳っていても、
記載には『100mlあたり24キロカロリー』となっていたりましす。

実はこれ、アルコール由来のカロリーがあり、
実際は0キロカロリーにはならないのです。


栄養表示基準制度というのがあり、
糖質、タンパク質、脂質は『100mlあたり0.5g未満』であれば、
ゼロと表示できてしまう
のです。

ということから、糖質ゼロのビールでも、
350mlを飲むと、約84キロカロリー未満を摂取していることになります。

消費者である私たちは、
商品表示を正しく読みとることが必要ですね。