パーキンソン病の原因はミネラルマンガンの不足にあり

パーキンソン病の原因はミネラルマンガンの不足
ミネラルマンガンは亜鉛と並んで、不足しがちな栄養の一つです。

マンガンは数種の酵素系を活性化し、
ビタミンC、E、コリン等のビタミンB群の利用を助けます。


このコリンが適切に利用されないとアセチルコリンの合成が妨げられ、
重症筋無力症(筋の脱力)などの病態を生じます。

他にもミネラルマンガンの欠乏には骨の代謝や生殖機能に影響を及ぼし、
筋無力症、パーキンソン病の原因となります。

マンガンを多く含む食品(食べ物・食材・料理・野菜・果物・肉)は以下のようなものです。

・青海苔
・きくらげ(乾)
・生姜(生)
・干しえび
・えごま(乾)
・アーモンド(乾)
・しじみ(生)
・干し柿

バランスのよい食事を!!