ジュースもチョコレートも『カロリー0』は嘘!?

03
前回の、ビールにおける『糖質ゼロ』表示の罠
の続きです。

糖類ゼロというのをウリにしたジュースやコーラの
あるいは、しょ糖、糖類、乳糖がゼロと表記されたチョコレート。

これらの裏表示を見てみてください。
前回のお話の通りで、当然カロリーはあるのです。

例えば、チョコ自体には、糖質、脂質があるので
カロリーゼロにはならないため、カロリーはあります。

また、それをエネルギーと書いてあるのが、憎いですね。
コカコーラゼロ、飲んでいる方も多いのではないでしょうか?

この表示もエネルギーゼロですが、
5キロカロリー以下はゼロと表示してよいことを適応しているのです。

限りなく5キロカロリーに近く、また、脂質、糖質も0.5gに非常に近いとすれば、
100mlあたり約10キロカロリー、500mlなら50キロカロリーは摂取しているのです。