にんじんを摂取する際重要なのは食べ物との相性だった

29150532566340c301e499af197f7879_m
おはようございます。
野菜ジュースに続き、さらにジュースについて。
生のニンジンにはアスコルビナーゼと言う
ビタミンC破壊酵素が含まれているのです。 このアスコルビナーゼはニンジンの他、
かぼちゃ、きゅうり、バナナ、りんご、春菊、キャベツ、カリフラワーなどに
含まれています。

他の食材と一緒に食べると
他の野菜や果物のビタミンCを破壊します。


ジュースにして組織を破壊すればするほど
アスコルビナーゼは活性化する特徴があるようです。

加熱や発酵、また酢漬けなどの方法でこの酵素は消えます。

またオレンジなど柑橘系の果物や、
トマト、レタス、セロリ、いちじくなどの食材と一緒に摂れば
アスコルビナーゼの働きが抑制されると言われています。

手軽な朝のジュースとして
ニンジンとリンゴのジュースを飲むかたが多いようです。
おいしくても相性の悪い組み合わせであることが分かったと思います。

そこでニンジンとリンゴにオレンジをたっぷり入れることで
アスコルビナーゼは不活性化します。

是非、試してみてください。