あまり注目されていない知られざる万能野菜「れんこん」

bddde3bc25f60f8e053ab65cb7f27e03_s
今日はれんこんの話です。
れんこんって実は栄養素たっぷりで、万能野菜であることを
知っていますか?

れんこんの主成分は糖質で、
でんぷんやムチン質という粘り気の成分が
特有の歯ざわりを持たせています。

れんこんはビタミンCが豊富で、
みかんの1.5倍、大根の3.7倍に相当する量が含まれています。

ビタミンCは熱に弱いのですが、
れんこんはでんぷん質が多いために、
加熱しても相当量のビタミンCが残ります。

野菜としては珍しくビタミンB12が豊富で、
貧血を予防し、肝臓の働きを助けます。

また、ミネラルではカリウムや亜鉛、銅、鉄を多く含みます。
ペクチンなどの食物繊維も多く、
便秘解消や高血圧予防などの効果があります。

中国では茎の部分だけでなく、
葉や実や花弁などハスのすべてを薬用に用いています。