【食品に含まれる抗うつ成分】セントジョーンズワートの効果とは

cd743415c69faa4e32b1934ee0598663_m
おはようございます。
1996年にドイツでセントジョーンズワートの有効成分の「ハイペリシン」と、
抗うつ薬との比較判定が行われました。
その結果セントジョーンズワートは、
一般に使われている抗うつ薬のアミトリプチンやイミプラミン、プロザックと比較して、
同等の効果があり、抗うつ薬と比べて副作用が無く、
安全性が高いことが証明させました

通常使われている
抗うつ薬SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)には
副作用があります


主な副作用は性欲減退、性的障害、吐き気、不安、暴力などです。

このためセントジョーンズワートを使用しているドイツでは
抗うつ薬としての使用頻度は、全体の約70%と高くなっているようです。

いいハーブもたくさんあるのです。