【眠りを誘うホルモン】メラトニンが分泌される仕組み

83ece63f171f50e24cec833b6b6a72f2_s
「メラトニン」は1958年に初めて発見され、
眠りを誘うホルモンとしてよく知られています。

メラトニンは脈拍、体温、血圧を低下させることによって
睡眠と覚醒のリズムを上手に調整し、
自然な眠りを誘う作用があります。

時差ぼけ防止にも効果があり、
実際に時差ぼけ予防の薬として製品化されています。

このメラトニンを分泌するのは
脳の松果体と呼ばれている部分です。

松果体は網膜が受ける光の量というデータを受け取り、
その情報をもとにメラトニンの分泌量を決定します。

目に入る光の量が減ると、
それを感知した松果体がメラトニンを分泌します。

メラトニンが分泌されると、
体はそれを察知し周囲が暗くなってきたことを知ります。

夜眠くなるのはメラトニンが分泌されているからなんですね。