【疲労回復の方法】ビタミンと同じ効果のある栄養とは…

81f8c5a41b6b79c691073066e04fde31_s
おはようございます。

疲れを少なくするのにビタミンB1,B2が不可欠と書きましたが、
実は、同じ働きをナイアシンもしています

血液の中に流れるブドウ糖(体のエネルギー源)が
細胞のエネルギーを作り出すミトコンドリアと呼ばれる部分にとりこまれるためには、
ビタミンB1とナイアシンの両方と化学変化をしなければなりません。

実はナイアシンは、体の中で別のもので代わりの役割を果たしてくれるものがあります。
それがトリプトファンという物質なのですが、
トリプトファンがナイアシンの代わりをするには、
トリプトファン:ナイアシン=1:60
でなければならないようです。

また、ナイアシンは脳のリラックスに欠かせないセロトニンの原料でもあります。
ですので、ナイアシン不足が慢性的疲労感や軽いうつ病を誘発してしまうのです!


ナイアシンを含む食材は、ぶり、さば、あじ、たらこ、豚レバー
などがあります。