【夏バテの解消・疲労回復の方法】夏バテの原因とは…

9bc4018f64a4d8a3a23f06a698ee05ab_s
おはようございます。

夏バテの直接的な原因ですが、
自分の体の体温調節機能が働かなくなり、
自律神経調節機能が低下することが多いです。
体温調節機能が働かなくなる原因は、
室内と外気の温度差の大きさにあると考えられます


冷房の効いた室内と暑い外の気温の温度差が大きく、
室内と外を出たり入ったりすることで、その温度差を繰り返すことになり、
体温調節機能がコントロールできなくなります。

この部屋の外と中との温度差が一番夏バテになりやすいのです!
暑い外にいる間は、人間の体は体温を一定に保つために、
血管を開き、汗をいっぱいかきます。

ところが、 この状態で急に涼しい室内に入った場合、
体を「涼しいモード」に変えなければなりません。

そのとき、自律神経が一生懸命働くのですが、
これが何度も続くと、自律神経も疲れてきて、
やがては正常に機能しなくなります。
これが夏バテの大きな原因と言われています。