【冬にはかかせない】酒粕で高血圧を抑えることが可能?

9bfc94de3b2a2377a90a3dbe6a064d2f_m
おはようございます。

生活習慣病の中で高血圧は、
狭心症、心筋梗塞といった心臓疾患や、
脳溢血などの脳疾患を引き起こす恐ろしい因子です。
血圧は、色々なシステムによってバランスよく制御されています。

体内にはアンジオテンシン変換酵素(ACE)なる迷惑な物質があって、
これが血圧を上げるアンジオテンシンの働きを強め、
血圧を下げるキニンの働きを弱めます


高血圧の患者は、
この酵素の活性が強くなりすぎているので、
これを阻害してやると血圧が下がります


株式会社月桂冠総合研究所の川戸博士は、
この酵素を阻害するペプチドという物質を
日本酒から3種類、酒粕から6種類発見し、
実験用高血圧ラットに与えて血圧の降下を確認しました。
中には、市販の血圧降下剤に匹敵する降下を示すものもありました。

この事から、
酒粕が高血圧症の予防に役立つのではないかと期待されます