【冬にはかかせない】酒粕が肥満予防になる理由とは

202f65b7b494afb0c67bc44330fa1b43_s
おはようございます。

前回の続きですが、グルコース(ぶどう糖)はただ血糖として存在するだけで、脂肪細胞に取り込まれません。
ここで、澱粉がふどう糖に変る速さ、即ち血糖の上昇に刺激されて、
その上昇の速さ以上の速さで膵臓からインシュリンが分泌されます。
このインシュリンが血糖を効率よく脂肪細胞内の脂肪に変えていきます。
つまり、太るという事は、血糖とインシュリンの両方が揃った時に初めて生じます

酒粕中に、αアミラーゼの作用を妨げる、即ち澱粉の分解を抑制する物質が含まれている事が発見されました。

この物質により、澱粉の分解が遅くなる為、インシュリンはあまり上昇せず、
血糖も脂肪細胞に取り込まれないことになり、脂肪の蓄積が少なくなります。
この事から、酒粕が、肥満防止に役立つのではないかと期待されているようです

酒粕も奥が深いですね。日本食はすばらしいです。