【ペットボトル茶の秘密】美味しさを保つための秘密

001_02
おはようございます。

本来、お茶は粉の沈殿物にカテキンが多く含まれ、
いっしょに飲むことによって栄養になるのです。

しかしペットボトル茶では“異物混入”と錯覚されることから、
取り除かれてしまいます。


その代わりに、香料と着色料、甘さを出すために
“味の素”~グルタミン酸ナトリウム、
さらにはビタミンCの食品添加物の出番があります。

これでも国産茶葉100%の表示ができてしまうようです。
本当なのでしょうか。
健康的なお茶だと消費者は錯覚してしまいまよね。

これは、会社の関係者に直接、お話しをきかなければと思います。
事実をご存じのかたいらっしゃいますか?