【コーヒーの効力】 缶コーヒーの11%以上は糖類でできている

1e5a9af586969d8962d3074f14fb76d9_s
今回でコーヒーの連載は最後になります。
最後は缶コーヒーに関してです。

缶コーヒー1缶(約200ml)でも70~140Kcalもあるのです。
これは、計算上缶コーヒーを毎日1缶減らすだけでも
1年間で3~7Kg減量できることになります。
(※実際には様々な要素が関与するので計算通りにはいかない事もありますが)

缶コーヒー通常品(190g)には
約16g以上の糖類が入っています。

糖類ですから砂糖だけではないですが、
単純に1本3gのペットシュガーを単位にすると
5本以上入っていることになります。

家でインスタントコーヒーをいれる時は、
1本まるまる入れることにも抵抗があるのに
缶コーヒーを飲む時は抵抗なく飲めてしまうんですよね。

微糖でも20-40キロカロリーありますので、
ご注意を。