【カテキン】烏龍茶や紅茶が赤っぽいのには意味があります

image001
おはようございます。

カテキンは非常に酸化されやすい物質です。
緑茶は、摘んだあとに、すぐに荒茶製造工程中で加熱によって
酸化酵素の働きが抑えられるため、ほとんど酸化しません。

しかし、烏龍茶や紅茶では、茶葉の酸化酵素の作用で酸化重合物
(いわゆる合体カテキンで、テアフラビン類・テアルビジン類が該当するようです)
が作られます。

茶葉酵素を働かせて、成分を変化させた後に製品にしています。
すると、本来は水溶液中では無色のカテキンが、
オレンジから赤色となります。


烏龍茶や紅茶が赤っぽい色をしているのはこのためです。