【カテキン】多量のカテキン摂取は飲用方法が重要

4896bfff6eede05106286cf03ec48731_s
おはようございます。
日本でも茶カテキンを利用した製品は販売されていますが、
現時点では類似の健康被害の報告はないようです。

ただし、一度に多量のカテキンを摂取する場合には、
飲用方法などに注意が必要とおもわれます。



公表された事例は、
42歳の女性が黄疸と腹部の不快を訴えて入院し、
その後さらに症状が悪化して肝移植を受けたという内容です。

この女性は緑茶抽出物を含む製品(カフェインは除き、
カテキンを1カプセル中100 mg含有するもの) を
1日6カプセル (カテキンとして600 mg/日) 、
6ヶ月間摂取していたそうです。

製品の利用目的は体重減少ですが、
カナダでは承認されていません。

これとは別に、因果関係は明らかにされていませんが、
緑茶の水アルコール抽出物 (25%のカテキンと5~10%のカフェインを含む製品) による
劇症肝炎の疑いを報告した文献があります。