【アレルギーを知ろう】第1回:アレルギーとは何か知っていますか?

b578ed8844b706627041f6958880c33f_s
昨今「アレルギー」という言葉は誰にでも通じる言葉となってきました。

食物アレルギーが言及されたのは、今から約100年前の1905年にさかのぼります。
フランセス・ハレ博士(イギリスの環境医学の精神科医)は、
痛風や湿疹等のいくつかの症状が食物と関係することを発見しました。
そして、その問題の食物を取り除くことで症状が最終的には治ることを発見したのです。

また、ウィーンの医師であるフォン・ピルケー氏は、
1906年に、「変貌した反応性」を意味する「アレルギー」という言葉を初めて使用しました。
同氏は、アレルギーを持つ人は環境における何かに過剰反応していると表現しました。

多くのパイオニア的学者が彼らに続きました。
そして、食物アレルギーは、今日でも大きな関心が寄せられている分野です。

これらの事実上無限とも言える
環境のアレルゲン(アレルギーの原因になり得る物質)は、
我々の免疫システムに戦いを誘発し、
アレルギー反応(または過敏性)を発生させます。


実は、ほとんどすべてのものは、
我々の免疫システムを刺激し活性化させる可能性を持っています。

化学物質の多くと同様に、食物、花粉、動物の鱗屑、カビ、酵母菌、細菌等は
最もよく知られているアレルゲンです。

我々の免疫システムは、我々の新陳代謝に対し危険、
あるいは、かく乱作用の可能性があると見られるアレルギー抗原のひとつひとつに対し、
免疫グロブリン(抗体)というものを作り出します。
これらの抗体は、防衛措置の一環として著しい炎症というプロセスを介在します。
アレルギー症状は、これらの抗体によって引き起こされた
プロセスの直接的結果
と言えます。