【お茶の効能について】重病とも戦えるビタミンも含んでいます

7d06b16723b05402b2894261c37a1666_s
おはようございます。

今日はお茶に含まれる葉酸に関してです。

葉酸は、赤血球の形成を助ける栄養素で、
動脈硬化・大腸がん・痴呆・アルツハイマー病などの発症との
関連性が明らかとなっており、
近年もっとも研究が盛んに行われているビタミンです。


緑茶(煎茶・抹茶)には、
ほうれん草やパセリの約5倍の量の葉酸が含まれ、
食品中で葉酸含有量がとりわけ高い干し海苔と同程度です。


なお、紅茶には少しか含まれていなようです。
日本茶ってすごいです。